masaki-blog

30代前半のブロガー、アート製作者です。 哲学やアート、記憶術中心の記事を更新していきます。

【ドエル向け】ラルクkenのコーラスが輝く名曲3選

【ドエル向け】ラルクkenのコーラスが輝く名曲3選

【ドエル向け】ラルクkenのコーラスが輝く名曲3選

 

こんにちは!マサキです。

外出自粛が続く中、家で過ごす時間が増えているかもしれません。

 

そんな時は、好きな音楽を聴いて楽しむのもありです。

私は1998年からロックバンドのラルク(L'Arc-en-Ciel)が好きで、聴いてきました。そこで少しだけドエル(熱心なラルクファン)向けの記事をお送りします。

 

それはラルクkenのコーラスが輝く名曲3選です!!

ではいきましょう😇!!

 

 

 

 

ラルクkenのコーラスが輝く名曲3選

・My Dear

 ・LOVE FLIES

・White Feathers

 

kenのコーラスは高音が特徴的。ボーカルhydeの上ラインが多いです。

またメタルやハードロックに影響を受けているため、そのカッコ良さが出ていますね。

 

My Dear

作詞hyde 作曲hyde

AWAKE 収録 2005年発売

 

原曲では全編にわたりギターが使われていません。

そのためライブでは珍しくキーボードを弾く姿が見られます。

また全てのコーラスを担当しています。

 

LOVE FLIES

作詞 hyde 作曲 ken

REAL収録 2000年発売

 

20th L'Anniversary LIVE  で披露されたLOVE FLIESが特徴的ですね。

ギターソロあけからの高音コーラスが素敵です。

 

White Feathers

作詞 hyde 作曲 ken

Tierra収録 1994年発売

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ラルクのコーラスの特徴

ラルク(L'Arc-en-Ciel)はベースのtetsuyaが主にコーラスを担当しています。

しかしギターのkenも少ないながらコーラスを担当していて、個人的には名曲が多いと思っています。(ちなみにラルクのメンバーは、それぞれソロ活動も行っており、全員ボーカルをつとめている。)

 

 ⬇️HYDEさんのソロ曲については、この記事をどうぞ。

masaki-alex.hatenablog.com

 

プライバシーポリシー
お問い合わせ