masaki-blog

30代のブロガー、アート製作者です。 哲学やアート、記憶術中心の記事を更新していきます。

2020年買ってよかったもの個人的1位 SONYノイキャンヘッドホン

SONY MDR-1000Xノイズキャンセリングヘッドホン

全集中できるノイズキャンセリングヘッドホン




最終更新日(2020.12.05)

 

こんにちは!マサキです。

今回は2020年にもっとも買ってよかったと思っているヘッドホンを紹介します。

 

 

 

 私はこれまでPCの作業中は、アップルの純正イヤフォンを使っていました。ただ音楽をきくだけならそれでいいのですが、それだと家族の生活音や、近所の工事でおこる騒音など、集中できない状況が続き困っていたのです。

 

そんななか何気なく立ちよったヤマダ電機で掘り出し物を見つけてしまいました!

 

それではいきましょう!

 

 

 

 

「全集中できるノイキャン」SONY MDR-1000X

2020年に買ってよかったと思う物は、ノイズキャンセリングヘッドフォンのMDR-1000Xです。

 

ソニーが2016年に発売したモデルで、もう製造中止になっているものでしたが、何気なく立ちよったヤマダ電機になぜか陳列されていました。

 

最新モデルにくらべて半額ちかい値段だったので試しに買ってみたのですが、機能として十分すぎるというか感動するレベルでしたので、よかった点を書いていきます。

 
・ノイキャンで全集中できる
・シンプルに音質がいい
・20時間連続で使える
・PCでの作業が楽

 

1つずつ説明していきますね。

 

 

1.ノイキャンで全集中できる

 

1つ目の良い点は、まわりの雑音を消してくるれること。

 

びっくりしたのはすぐ近くにあるエアコンの音が聞こえなかったことですね。他にも工事や雨の音はまったく聞こえなくなりますし、家族の生活音もかなり小さくなるので気になりません。

 

アップルの純正イヤフォンを使っていた時とくらべて、集中レベルが格段に上がりました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

2.シンプルに音質がいい

 

2つ目はシンプルに音質がいいこと。

 

これは実際に使ってみた人にしかわからないのですが、 楽器の音が立体的に聴こえてきます。ドラムのシンバルやハイハット、ベースの低音、打ち込みの音もはっきりと認識することができます。

 

世の中には重低音を売りにした製品も多くありますが、こちらはクセのないオーソドックスなタイプなので、クラシックやJポップなど幅広く聴けますね。

 

 

 

3.20時間連続で使える

 

3つ目はバッテリーが長持ちすること。

 

 

初代モデルながら4時間の充電で20時間もつかえます。

私は多いときでも1日4時間程度の使用なので、5日も持ちますね。バッテリーがへってきたら寝る前に充電すればまた次の日から使えるので便利です。 

 

 

 

4.PCでの作業が楽

 

最後がPCでの作業が楽なこと。

 

Bluetooth接続すると簡単にワイヤレス接続になります。

「なんだそれだけか。。」と思う方もいるかもしれませんが、イヤフォンとかヘッドフォンのケーブルってけっこう邪魔じゃないですか。

 

まずそれがいっさいありません。

資料や書籍を取ったり、飲み物を持ってきたり、誰かに連絡したり。このたびに外したりつけたりがなくなるってかなり楽ですよ。

 

 

 

結論:MDR-1000Xはリモートワークに最適です。

【TOEIC】英語学習のやる気を維持する方法

 

記事を書いていて思ったのですが、MDRー1000Xはリモートワークされている方にぴったりですね。より集中して作業したい方には良い投資になるはずですよ。

 

あと書き忘れていたのですが、ハンズフリーで通話することもできます。

iphoneにも対応していますし、ネット上でマイクとしてつかえます 。

 

 

気になった方はこちらからどうぞ。

 

 

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

ダミアン・ハーストが現代美術界に与えた影響に迫る

ダミアン・ハーストが現代美術界に与えた影響について考察します。

 

 この記事は、世界で最も多作なアーティストの一人であるDamien Hirstが、現代アート界に与えた影響について知りたい人のために書かれたものです。

 

この記事を読めば、Hirstが次世代のアート界に与えた影響や、彼が与えた影響について理解することができるでしょう。

 

 

 

 

 

ダミアン・ハーストとは

 ダミアン・ハーストは、YBA(Young British Artists)ムーブメントのリーダーとも呼ばれるイギリスのアーティストです。1980年代後半に頭角を現し、瞬く間にアート界で頭角を現します。現代美術に多大な影響を与え、その作品は世界中の主要なギャラリーで展示されています。代表作に、ガラスの水槽に保存されたサメをモチーフにした作品「The Physical Impossibility of Death in the Mind of Someone Living」、ダイヤモンドで覆われた頭蓋骨の作品「For the Love of God」などがあります。

 

また、家庭用エナメルを使ってキャンバス上に単色の模様を描く「スポット」シリーズでも知られています。

 

 

ダミアン・ハーストと英国の若手芸術家たち

1980年代後半にロンドンで起こったYBAムーブメントの中心的存在。

この運動には、ハーストのほか、トレーシー・エミン、ギャヴィン・ターク、サラ・ルーカスなどのアーティストが参加していました。YBAムーブメントの特徴は、大胆で、しばしば対立的なアートへのアプローチと、伝統的な価値観の拒否にありました。

 

ハーストと同時代の作家たちは、鑑賞者の知覚に挑戦し、死生観や死、変容といったテーマを探求。彼の作品は、コンセプチュアル・アートインスタレーション・アート、絵画の要素を併せ持つことが多いと言えます。

 

 

ダミアン・ハースト現代アートシーンに与えた影響

ダミアン・ハーストの影響は、今日でも感じられます。彼の作品は、ロンドンのテート・モダン、パリのポンピドゥー・センター、ニューヨークのメトロポリタン美術館など、一流ギャラリーのコレクションに収蔵されています。

 

彼の作品は、若い世代のアーティストにインスピレーションを与え続け、彼らはハーストのスタイルを借りて、新しいアイデアを探求し、自らの活動を広げています。 他のアーティストへの影響に加え、ハーストはYBAムーブメントの主要な触媒の一人であるとも言われている。彼は、観客を魅了する方法として衝撃的な戦術を用いた最初のアーティストの一人である。

 

また、ハーストは伝統的な美術市場を率直に批判し、保守的すぎる、作品の価格が高騰していると主張している。彼の作品は時を経てますます高価になり、現在では史上最も高価な芸術作品の一つとなっています。 

プライバシーポリシー
お問い合わせ