masaki-alex-website

30代前半のブロガー、アート製作者です。 哲学やアート、記憶術中心の記事を更新していきます。

バスキアと音楽 3枚のアルバム編

f:id:masaki-alex:20191230175907j:plain

 

こんにちは。Masakiです。

 

ジャン・ミシェル・バスキアは創作中に音楽をかけっぱなしにしていました。

今回はそんな彼に関連したアルバムを3枚紹介します。

 

 

 

 

Basquiat / Original Soundtrack

リンク


バスキア(サントラ)

 

バスキアの伝記映画「バスキア」 のサントラです。

監督はジュリアン・シュナーベル。  現代ポップ・アートの重要人物である彼がはじめて監督したのがこのバスキアの伝記映画です。

シュナーベルは新作映画 「夜になるまえに」も絶賛されていますが、友人でもあったバスキアへのオマージュである、この映画 のそしてサントラも面白いものになっています。

「本当に、バスキアが 好きでよく聴いていた曲」を多く選曲したといわれる このサントラはP.I.L.、ヴァン・モリソンデヴィッド・ボウイなど、時代の空気を切り取ります。 

 

曲目リスト

1. Van Gogh Boat
2. Public Image
3. It's All Over Now, Baby Blue (Theme)
4. Suicide Hotline (Dialogue And Music Montage)
5. I'm Not In Love
6. Is That All There Is?
7. White Lines
8. Rise
9. These Days
10. She Is Dancing
11. Tom Traubert's Blues (Four Sheets To The Wind In Copenhagen)
12. A Small Plot Of Land
13. Summer In Siam
14. The Last Song I'll Ever Sing
15. Hallelujah

スポンサーリンク

 

 

 

gray / Shades of... Anthology


Shades of... Anthology

 

バスキアの死後、残されたメンバーがオリジナルのサンプルや演奏を元に再構築した同作は、GRAY名義での唯一の公式作品で、2010年に初めて音源化された限定のヴァイナル盤は直ちに完売、CDは現在も廃盤となっている名作です。

今回のリイシューでは、未発表曲に加え、Todd Rundgren、Hank Shocklee、King Britt、Sal P (Liquid Liquid)、Deantoni Parks、Tewz,Free The Robots、The Gaslamp Killer、Kool Keith、Amir Yaghmaiといった豪華ゲストによるリミックスを収録しています。ちなみにアートワークはバスキアによるものです。

インダストリアルやパンク、フリージャズ、ヒップホップ、ノーウェイヴといった80年代のNYを凝縮したような音楽は、ロック好きにはたまらないはずです。

 

曲目リスト

.Wig
2.Pillar of Salt
3.The Mysterious Ashley Bickerton
4.The Man Who
5.Gauntlet of Wriggly’s
6.Eight Hour Religion
7.Figure It Out For Yourself
8.Dan Asher
9.Cut It Up High Priest
10.I Know
11.Mockingbird
12.Washington, D.C. 20013
13.Bad Fool (Red Skelton)
14.Life On The Streets
15.Doktor Dhoom
16.Drum Mode
17.Sweetness Of The New
18.Dan Asher (King Britt Mudd Club Mix)
19.Sweetness of The New (Free The Robots Remix)
20.I Know (Tewz Remix ft. Kook Keith and DJ Flesh One)
21.Bad Fool (Hank Shocklee Remix)
22.Wig (Sal P. & Sean Bee Wigout)
23.Doktor Dhoom (Todd Rundgren Remix)
24.Drum Mode (Deantoni Parks & We Are Dark Angels Remix)
25.Life On The Streets (Todd Rundgren Remix)
26.Bad Fool (The Gaslamp Killer Revision w/ Amir Yaghmai)

 

 

Vincent Gallo / RECORDING OF MUSIC FOR FILM


Recordings Of Music For Film

 

ヴィンセント・ギャロVincent Gallo, 1962年4月11日)はアメリカ合衆国ニューヨーク州バッファロー出身のミュージシャン・画家・俳優・映画監督です。

バスキアのバンド、greyに一時的に加入していたメンバー。
このアルバムは1979年から1998年までに、ヴィンセント・ギャロが制作をした映画の挿入曲を29曲収録しています。

 

曲目

1. Her Smell Theme (The Way It Is)
2. Girl Of Her Dreams
3. Brown Lung Hollering
4. Way It Is Waltz
5. Glad To Be Unhappy
6. Brown Storm Poem
7. Goodbye Sadness Hello Death
8. Brown Daises
9. And A Colored Sky Colored Grey
10. Fishing For Some Friends
11. Six Laughs Once Happy
12. Sunny And Cloudy
13. No More Papa Mama
14. Fatty And Skinny
15. Her Smell Theme (reprise)
16. Lonely Boy (Buffalo '66)
17. Falling Down Billy Brown
18. Drowning In Brown
19. Somewhere Place
20. Wet Cleaner
21. Sixteen Seconds Happy
22. With Smiles And Smiles And Smiles
23. Cold And Grey Summer Day
24. Brown 69 (Downtown '81)
25. Dum Beet
26. Me And Her
27. Ass Fucker (If You Feel Froggy Jump)
28. Ass Fucker (reprise)
29. I Think The Sun Is Coming Out Now

 

 

関連記事

masaki-alex.hatenablog.com

masaki-alex.hatenablog.com

 

 

 

 

 

プライバシーポリシー
お問い合わせ